著作権侵害の過失

著作権侵害の過失

著作権侵害の過失について

例えばフリーの素材サイトにあった素材と勘違いをして利用してしまったり、違法な動画サイトだと知らずにアニメを視聴したりといったり知らずのうちに著作権を侵害してしまう可能性は少なくありません。故意ではなく無過失で著作権を侵害してしまった場合にも罰則の対象になったりすることはあるのでしょうか。

 

故意と過失と無過失の違い

著作権者の存在を知っていて、利益を得るなどの目的のために悪意を持ってやったことは故意と呼びます。著作権の侵害にあたる行為だと知らなくて行ったとしても、充分に想定できる内容にも関わらず著作権の侵害をしてしまった場合は過失となります。全く予見できない状況で起きてしまった著作権侵害に対しては無過失とされます。

 

故意または過失による不法行為

無断複製や違法演奏、プログラムの改変などの不法行為に対しては著作権侵害された被害者は損害賠償を請求することが出来ます。こうした不法行為に対して責任を追及するには故意または過失の不法行為ということを証明する必要があります。

 

まったく著作権侵害について予期することも出来ないまま善意無過失で行ったことに対して損害賠償を請求することは出来ません。また、不当利得返還請求の場合は無過失であった場合でも、利益として残っている分を返還しないといけないとされています。また、刑事罰については故意の場合のみ罰せられます。

 

差止請求は無過失であっても出来る

差止請求は出版前や公開前に著作権侵害を予防することが出来る権利です。差止請求は、故意や過失でなくても行えますので、無過失の著作権侵害に対しても対抗できる手段です。無過失の著作権侵害に対しては、被害に対しての請求や賠償などは限定的ですが、差止請求など拡大防止は出来ます。

スポンサーリンク

関連ページ

事例
著作権侵害の事例について、判例、裁判、問題点、ファイル共有などの情報をまとめています。
要件
著作権侵害の要件について、侵害となる場合ならない場合、模写などの情報をまとめています。
通報
著作権侵害の通報について、違反動画、罰則、サイトや著作権者への通報、親告罪などの情報をまとめています。
時効
著作権侵害の時効について、民事・刑事の時効、時効後の権利取得可否などの情報をまとめています。
親告罪
著作権侵害の親告罪について、問題点、非親告罪化などの情報をまとめています。
刑事罰
著作権侵害の刑事罰について、責任、違反、過失・無過失での扱いなどの情報をまとめています。
損害賠償
著作権侵害の損害賠償について、損害賠償額、不当利得返還請求などの情報をまとめています。
事件
著作権侵害事件について、中学生が起こした事件やいたちごっこが続く著作権問題などの情報をまとめています。