著作権引用の要件

著作権引用の要件

著作権引用の要件について

引用を行うにあたって、定義にもあるように正当な範囲での利用に留めることがルールとなっています。では正当な範囲内というのはどの程度のことなのでしょうか。ここでは引用の条件について考えたいと思います。

 

引用の要件

引用とは著作物から一部分を抜き出して、自ら作成する著作物に取り入れることを指します。自ら作成する著作物の中で引用する解説や批評などを目的として行うもので、著作権者の許諾なしで利用することが出来ます。著作権法第32条で合法として認められており要件を満たす範囲であれば権利者は拒否することは出来ないとされています。

 

引用を行うには引用の定義を満たす必要があり、条件を満たしていない引用は転載となります。引用を行う際に著作者の許諾は必要ありませんが、要件を満たしていない引用は無断転載となってしまいます。

 

それでは引用の定義とはどのようなものなのでしょうか。引用の定義として著作権法で定められていることを要約すると7つの条件があります。@既に公表されているものであること、A公正な慣行であること、B報道や批評や研究といった正当な範囲であること、C本文が「主」に対して引用部分が「従」の関係であること、D引用部分が明確なこと、E必然性があること、F出所の明示があることとなっています。

 

引用を行う際の注意点

引用の文章を繋ぎ合わせただけだったり、引用の画像だけを張り付けるといったことは引用ではなく無断転載となります。公正な慣行であることという点は曖昧な表現ですが、一般的に常識の範囲内での利用であれば問題となることはありません。ただし法的には問題がなくても引用禁止と謳っているサイトなどは多数ありますので無用なトラブルを避けたいのであればサイトの利用規約は尊守した方が良いでしょう。

スポンサーリンク

関連ページ

定義
著作権引用の定義について、ルール、著作物出ないものの引用などの情報をまとめています。
営利目的で引用
著作権を営利目的で引用することについて、注意点、引用とならない場合、ビジネスマナーなどの情報をまとめています。
許可
著作権引用の許可について、画像と歌詞の取り扱い、拒否できない引用などの情報をまとめています。
公正な慣行
著作権引用の公正な慣行について、パロディ事件の判決、判断基準となる過去の判例などの情報をまとめています。