著作権引用の定義

著作権引用の定義

著作権引用の定義について

小説を読んで感想をブログに書きたいとしたら、小説に登場する印象的なセリフや設定背景の注釈など小説の一部分を記載しないと上手く説明出来ないことがあります。

 

しかしその度に著作者の許諾が必要だとしたら利用者には不便が生じます。著作権法は著作者の財産や人格を保護するための法律ですが、著作者の財産や名誉を傷つけないものであれば著作物の所有者には私的利用の為の複製や著作物の引用などある程度の権利が認められています。今回は著作権における引用のルールについて解説します。

 

引用の定義

引用は著作者の意向を問わず、無許可で行っても良いとされているもので条件を決めなければ著作者の権利を害してしまう可能性があります。そこで著作権法では引用を行う際のルールとして、第32条で引用を定義しています。著作権法の定める引用の定義として、公正な慣行に合致したもので、報道や批評、研究やその他引用をする上で正当な範囲内で行わなければならないとされています。

 

この著作権法32条の定義に沿ったものでなければ引用とは認められず無断転載となり著作権法違反の処罰の対象となる可能性があります。ただ、一概に定義に沿った範囲と言っても著作権法の定義だけでは曖昧なので自分で判断するだけでなく一般的な引用のルールに従った引用を行うようにした方が良いでしょう。

 

著作物ではないものに対しての引用

著作物とは感情や思想を創作的に表現したもの、といった定義がありますのでそもそも引用ではなく転載でも問題ないものも多くあります。

 

ただの数字の羅列やグラフなどといったものは著作物として認められませんので、著作権法の引用の定義に沿った内容でなくても転載が出来ます。これらの著作物ではないものに対しては、処罰の対象にはなりませんが著作物同様に出典の明示や必要以上の転載は行わないなどマナーを守り利用するようにしましょう。

スポンサーリンク

関連ページ

要件
著作権引用の要件について、定義、条件、引用の注意点などの情報をまとめています。
営利目的で引用
著作権を営利目的で引用することについて、注意点、引用とならない場合、ビジネスマナーなどの情報をまとめています。
許可
著作権引用の許可について、画像と歌詞の取り扱い、拒否できない引用などの情報をまとめています。
公正な慣行
著作権引用の公正な慣行について、パロディ事件の判決、判断基準となる過去の判例などの情報をまとめています。