音楽の著作権

音楽の著作権

音楽の著作権について

普段から聞いているミュージシャンやバンドが演奏する音楽にも著作権があります。著作権では保護期間が定められ、著作物の公開後から発生し、著作者の死後50年間保護されるものとしています。

 

期限切れ音楽は自由にアレンジしたりすることも可能ですが、期限の切れていない著作物については保護される必要があります。

 

ではCDレンタル店で借りたCDをスマホやミュージックプレイヤーに取り込んで聞くことは違法でしょうか。好きな音楽を歌ってみたり、演奏してみたりした動画をインターネットにアップロードすることは違法でしょうか。この点についても良く知り著作権を侵害することが無いように音楽を正しく利用しましょう。

 

音楽の私的使用

音楽などの著作物には、権利者の許可を取らずにコピーをしてもよいケースがあります。音楽の私的利用もそのひとつです。音楽を自分で聴く目的で複数の機械や音源にコピーを取ったりしても違法ではありません。この利用の範囲は個人もしくは家族内に準じる範囲でのコピーが認められています。不特定多数の人に貸したり渡したりすることは著作権の侵害となります。

 

「歌ってみた」は違法?

私的利用の範囲で複製は認められていますが他の権利はどうなのでしょうか。

 

例えば、個人で動画をインターネットにアップロードすることはよくあることです。Youtubeやニコニコ動画、Vineやツイキャスなど個人が動画を発信するためのサービスが数多くあります。個人使用の範囲といいたいところですが、不特定多数が利用することはできるので演奏権の侵害となる可能性があります。

 

ニコニコ動画とYoutubeはJASRACやイーライセンス、JRCなどの著作権管理団体と契約を結んでいますので、これらの著作権管理団体が管理している楽曲を歌ったり踊ったりすることは問題となりません。

スポンサーリンク

関連ページ

映画
映画の著作権について、保護期間、期限切れ、旧著作権法、現行法などの情報をまとめています。
小説
小説の著作権について、期限、保護期間、著作権フリー、二次創作などの情報をまとめています。
ソフトウェア
ソフトウェアの著作権について、保護される範囲、権利期間、保護期間、フリーソフトウェアなどの情報をまとめています。
絵画
絵画の著作権について、保護期限、絵画にみとめられる例外などの情報をまとめています。
キャラクター
キャラクターの著作権について、期限、意匠権、商標権などの情報をまとめています。
期限の延長
著作権期限の延長について、メリット・デメリット、過去の延長事例、米国の著作権延長法などの情報をまとめています。