著作権引用の公正な慣行

著作権引用の公正な慣行

著作権引用の公正な慣行について

著作権の引用が認められる要件として、引用を定義した著作権法第32条1項には「公正な慣行に合致するものであり」という記載があります。この条文だけでは抽象的で引用の基準を満たしているものなのかどうか判断が難しいことが多いようですがここに記載されている「公正な慣行」とはどのようなものなのでしょうか。

 

公正な慣行とは

この公正な慣行と判断するには、著作権法の条文だけでは明確な判断基準が記載されていないため過去の判例に沿って考える必要があります。公正な慣行の基準として有名な判例は昭和55年3月28日に最高裁で判決が下された写真パロディモンタージュ事件が有名です。

 

パロディ事件の判決

上記の通称パロディ事件とは、デザイナーの天野正之氏がフォトモンタージュ写真集として出版した「SOS」において写真家の白川義員氏の撮影したスキーヤーの写真を元にしたことについて著作権侵害とされた事件です。

 

この件について最高裁の判決では、引用する側と引用される著作物は明確に区別して認識することができ、引用される著作物は引用する著作物(主)に対して(従)の関係でなければならないとしました。その他にも、なぜそれを引用しなければならないのかという必然性が説明出来なければ正当な引用と認められないとされます。

 

判断基準となる過去の判例

パロディ事件では、写真をそのまま加工に使用したことが問題となりましたが、写真の著作権は判断基準が厳しく「被写体をそのまま映した写真や証明写真には著作権が認められない」とされています。もしパロディに使用された写真が違うアングルで独自に取り直したものであれば判決はまた違ったものになったのかもしれません。

 

またパロディ事件では「引用の要件を満たさない」との判決がなされましたが、現在ではインターネットの普及と加工技術の向上で様々なパロディ作品が誕生しています。著作権に限らず、過去の判例は法律の判断基準となりますので、引用を行う際に判断が難しいようであれば過去に似たような事例がないのかを調べる必要があります。

スポンサーリンク

関連ページ

定義
著作権引用の定義について、ルール、著作物出ないものの引用などの情報をまとめています。
要件
著作権引用の要件について、定義、条件、引用の注意点などの情報をまとめています。
営利目的で引用
著作権を営利目的で引用することについて、注意点、引用とならない場合、ビジネスマナーなどの情報をまとめています。
許可
著作権引用の許可について、画像と歌詞の取り扱い、拒否できない引用などの情報をまとめています。