著作権侵害の要件

著作権侵害の要件

著作権侵害の要件について

著作権侵害については、裁判ともなると多額の賠償金や懲役刑など社会的な制裁を受けます。違法なダウンロードや複製、販売などは当然著作権の侵害となりますが、例えば創作した小説やエッセイ、イラストなどが他の物と酷似していたという場合にはどうなるのでしょうか。こういった曖昧なケースでは著作権の侵害となる場合、ならない場合がありますので著作権の侵害が成立する要件について学びましょう。

 

著作権侵害とならない場合

著作権侵害訴訟では原告が著作権者である事実を確認した上で、様々な要件を満たす必要があります。要件とは被告の著作物が原告の著作物に基づいて創作されていること、被告の著作物と原告の著作物が類似していること、被告が著作権法における保護されるべき権利を侵害していることについて立証しなければなりません。

 

この点で著作物の構成されている要素において、誰が見てもそっくりだと思えるような類似性が認められなければ著作権侵害とはならないことがあります。「似ていると言われれば似ている気がするけれど違うと言われたらわからない」という曖昧なケースではパクリなどといった非難の声は集めても裁判では違法とならない場合がありますし、歌詞のワンフレーズなどそもそも誰が考えても出来上がるような創作物であれば著作権と認められないこともあります。

 

模写も著作権侵害になる?

過去に美術の授業などで絵の練習に模写といったことを行ったことがある人は多いと思います。それでなくてもイラストを真似て書いたりといったことは一般的によくあることですが、これらの作品をオークションなどで販売しても良いのでしょうか。

 

こういった事例では裁判になることは可能性として少ないですが、複製権や同一性保持権の侵害にあたる行為といえます。実際に起こる事例としてはアニメやゲームなどの著作権を所有している企業が二次創作の制作者を訴えるといったこともあり、イラストとして描く分には問題ないけれど販売したら問題になるというケースも少なくありません。

スポンサーリンク

関連ページ

事例
著作権侵害の事例について、判例、裁判、問題点、ファイル共有などの情報をまとめています。
通報
著作権侵害の通報について、違反動画、罰則、サイトや著作権者への通報、親告罪などの情報をまとめています。
時効
著作権侵害の時効について、民事・刑事の時効、時効後の権利取得可否などの情報をまとめています。
親告罪
著作権侵害の親告罪について、問題点、非親告罪化などの情報をまとめています。
過失
著作権侵害の過失について、故意、無過失、不法行為、差止請求などの情報をまとめています。
刑事罰
著作権侵害の刑事罰について、責任、違反、過失・無過失での扱いなどの情報をまとめています。
損害賠償
著作権侵害の損害賠償について、損害賠償額、不当利得返還請求などの情報をまとめています。
事件
著作権侵害事件について、中学生が起こした事件やいたちごっこが続く著作権問題などの情報をまとめています。