著作隣接権とは

著作隣接権とは

著作隣接権とは

音楽や映像などは一人で創作しても、演奏や放送などを一人で行うことは難しいでしょう。音楽であればバンドやオーケストラ、映像であればテレビなどの放送局など創作者と密接にかかわる人たちがいます。

 

もし著作権が創作者のみに認められるのであれば、バンドや放送局は講演や放送の度に創作者から許可を受けないといけないことになってしまいます。そういった不具合を避ける為に、事業者にもある程度自由に著作物を扱える権利が必要です。そこで実演家などに認められる権利として著作隣接権があります。

 

著作権と著作隣接権の違い

著作権は創作者に発生する権利であり、著作隣接権は放映や実演など創作物を公開する人に認められる権利となります。創作の手伝いをしたからという訳ではなく、著作物の公開に関わっていることで取得できる権利といえます。

 

著作隣接権も著作権と同様に、複製権など支分権の一部や著作隣接権の譲渡が出来ます。著作権と財産権としては同じ内容の権利を持つ著作隣接権ですが、著作者人格権は創作者のみに認められます。実演家(俳優や歌手など)に限り、氏名表示権と同一保持権をもつ実演家人格権があります。

 

出版社の著作隣接権

今まで著作隣接権が認められるのは実演家、レコード製作者、放送事業者、有線放送事業者だけで出版社には認められていませんでした。しかし電子書籍の普及に伴い、自炊業者(出版物をスキャナなどでデジタルデータに変換することを事業とする業者)に対する複製権の侵害や電子書籍の海賊版増加などの問題が顕著化したため、出版社などにも著作隣接権を認める必要性について議論されています。

 

現在、出版社には海賊版の差し止めに対抗するため「出版権」が認められていますが、出版社への著作隣接権を求める動きは今後も続きそうです。

スポンサーリンク

関連ページ

登録が必要?
著作権の登録の必要性について、登録不要であること、譲渡、帰属などの情報をまとめています。
著作者人格権とは
著作者人格権について、種類、問題点、著作権の譲渡や放棄などの情報をまとめています。